統計情報(30日間)


最新情報をツイート

人気の投稿

Cocoaで日付を扱う情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cocoaで日付・時刻を扱うブログの紹介。


Working with Date and Time in Cocoa (Part 2) – Ole Begemann

Working with Date and Time in Cocoa (Part 1) – Ole Begemann

3回目はチートシート。NSDateやNSDateFormatterなどの関係を図にしたものでわかりやすい。
Date and Time Handling in Cocoa Cheat Sheet – Ole Begemann

NSDateDetector は iOS4から導入されたクラスで、与えられた文字列から日付や住所、リンク、電話番号、交通情報などを抽出することができる。

NSDataDetector Class Reference

例えば電話番号を抽出するコードはこんな感じでかける。
NSArray* matches = [dataDetector matchesInString:sourceString
  options:0 range:NSMakeRange(0, [string length]);
for (NSTextCheckingResult* match in matches) {
  if ([match resultType] == NSTextCheckingTypePhoneNumber) {
    NSString* phoneNumber = [match phoneNumber];
  }
}

checkingTypes には次の定数をORで複数指定することができる。
NSTextCheckingTypeDate
NSTextCheckingTypeAddress
NSTextCheckingTypeLink
NSTextCheckingTypePhoneNumber
NSTextCheckingTypeTransitInformation


Leave a Reply